*

ナビはポータブルタイプが絶対におすすめだ!

 

先の記事でナビゲーションは必要ないと記載しましたが
全く必要ないというわけではありません。
当然、私も使用しています。

ではどのように使用するか少しご紹介します。
配達伝票を受け取り、地図で大まかな場所を把握し
ルート決めを行います。

4344352487_a945c8d19e_z

目的地をナビに全て打ち込み画面を拡大しルートに
ロスが無いかを再度確認します。

意外にロスを発見することが出来ます。
これは10km以上の配達範囲を受けた時の方法で
数キロ半径の配達範囲では地図オンリーです。

いざ、出発です。

念のためにナビにルート走行をさせますが
しょっちゅうオートリルートさせていしまいます。

目的地がだいぶ近くなると一方通行道路や駐車場所の
確認の為に拡大画面にして確認します。

慣れてくるとマンションの形で入り口も解ってきます。

d244475bf091b7251bf0475ba6984bdf_s

そうすることで荷降ろしと台車で運ぶ時間が短縮可能です。
さて戸建で全く解らない場所に出くわしました、ナビでは
すぐそこを指していますが道路が狭くはまったら大変な場所です。どうしようか?

歩いて探します!
そんな時にポータブルナビが活躍してくれます。
なぜなら歩いて探す時に持ち歩いて現在地と目的地を
見比べて探すことが出来るからです。

これは大変便利です、歩いている方向が合っているのか
間違っているのか一目瞭然だからです。

こうして配達先を見つけ、車で入れるのか、歩きかを
確認することも出来るのです。

fb55cbb0e365329a97fb5903c41ce908_s

車に備え付けのナビではこうした使用はできませんよね。
ですから私はポータブルをおすすめするのです。

価格も19800円から39800円が主流ではないでしょうか?
価格も安いので初期投資には助かりますよね。

おすすめは自転車、歩行者兼用、ゼンリン地図版です。
現在はほとんどゼンリン地図が入っていると思います。

確かに十数万円のナビは便利です、渋滞も表示されるし抜け道も出してくれます。
しかしあまり使わない前提なら断然ポータブルの方がコストパフォーマンスは高いと
思いますよ。

スポンサードリンク

関連記事

db25d7efc87deed72398472731fa673f_s

配達人は靴が重要!こまめに換えること!

配達人の何が一番大事かと言われれば車です。 しかし靴も非常に重要なアイテムなのです。

記事を読む

8544011086_9831693fe0_z

向いている体質と不向きな体質?あなたはどっち?

40歳を過ぎると様々な身体の変化が起きてきます。 20代なら簡単な事も40を過ぎると苦痛に感じ

記事を読む

fb55cbb0e365329a97fb5903c41ce908_s

個人事業主とサラリーマンでは副業についても

個人事業主とサラリーマンでは、大きな違いがあります。 基本サラリーマンは副業、アルバイトは禁止され

記事を読む

スポンサードリンク

d0ea5ca7bb787fdc13bfc6586a5efb84_s
現在も続くリストラ

中高年の転職では年収400万円がやっとという現実 下手をすると年収

rade5
中高年の再就職は厳しい現実

30代後半からの最就職は茨のごとく大変厳しい現実が待っています。

rode4
軽貨物運送業は年収500万円維持できるのか!

まずは「軽配送」の現実はどうなのかをお伝えしていきます。

b04fcef94a0bf188bf6fdd5ce83338b4_s
軽貨物運送業開業にチャレンジしてみよう!貴方にも出来る!

さて開業というと難しく聞こえるかもしれませんが 手続きにつきまして

e97219bd9bfe5239bec0740b8d07234a_s
Web上で言われている「稼げない」のうそ!を伝える

Web上で「軽貨物事業は稼げない」「月収20万円やっとだよ」 と目に

→もっと見る

PAGE TOP ↑